25年目の両想いの行方

4年不倫関係にあった独身彼が結婚しW不倫に。5年目に入ってすぐに離れる事を決めました。

彼からのプロポーズ

主人とケンカした昨日、彼からの連絡が全然なくてケンカして家を出たことの報告ラインは全て送信取り消しにして、こんな一文を送った。


△「こんなことユウにはどうでもいいよね。ごめんね」


彼の無言は、対応に苦慮する気持ちの表れだと思ったから。




家を飛び出すほどのケンカをしたのは3年前。同じように助けを求めて連絡したあの時、まだ独身だった彼は私に、突然プロポーズをした。



「俺の所に来るか?」



私は突然のことに動揺して、嬉しいという気持ちよりも先に、現実的にそうする事がいかに難しいかということを並べ立てて返事にしてしまった。


後に、あの時断られた事が、奥さんとの付き合いと結婚のきっかけになったと言われた。


あの時もし突き進んでいたら、いまのようなW不倫の状況に苦しんではいなかったのかもしれない。

でも別の大きな苦しみがあったはず。主人や周りの人を傷つけることも怖かった。


自分の選択に後悔はしていないけど、彼の気持ちの、私たちの関係の転機になってしまった彼からのプロポーズ。




今日日付が変わった頃、彼からラインが来た。


▼「どうでも良いことじゃないよ?」


もしかしたら彼もあの時の事を思い出しているのかもしれない。


ありがとう。結婚という形では結ばれなくても、今も昔も変わらず、あなたのことを心から愛しています。