25年目の両想いの行方

4年不倫関係にあった独身彼が結婚しW不倫になりました

将来の約束を

久しりぶりの更新です。


皆さんに慕われていたブロガーさんがブログをやめてしまったり、書くことを躊躇われているのを目にして、私もなかなか現状を綴ることができずにいました。


その後の私を心配するコメントやメッセージをくださったブロガーさん、ありがとう。

皆さんにどれほど救われているか…。

恩返しをするためにも、私もここにとどまることにしました。


そして、この2週間ほどで、私と彼のこれからについて、多少なりとも気持ちがまとまりましたのでご報告を…。




「愛しています。でも、piyuがつらいのが辛いです」


そう、GW明けに彼から返事がきてから2週間。

普段はあだ名で呼んでくる彼が私の本名を綴って返事をくれた。


▲「この先もまた傷つけてしまうかもしれない」


彼の苦しい胸の内が痛いほど伝わってきたけど、やっぱり1人で乗り越えて行くのは無理だということ。2人で話をたくさんして、気持ちをもっと言葉にして伝えてくれないとこの先のことも乗り越えられる自信がないと伝えた。


そして、ずっとずっとほしかったものも。


△「頑張るから、私に将来の約束をください」


いつか仕事の新たな拠点を私の住む街の近くに作るとか、いつか海外で一緒に仕事をしたいとか、最近はよく言ってくれていたのだけど、仕事に絡めてのことが多くて、私と彼の2人の、現実的な将来の約束がないから。


▼「…」


しばらく沈黙する彼。


△「同じ老人ホームに入ろう以外でお願いします(T-T)」


▼「wwwちゃんと考えておきます」


そんなこんなで、この1週間ほどはほぼ毎日仕事の合間に電話をくれたり、スタンプだけでもマメに連絡をくれる。

これまで聞いたことのないフレーズで愛を伝えてくれる。


頑張ってくれてるんだね。ありがとう。


あなたの気持ちをちゃんと聞けると安心するの。

気持ちは穏やかに安定して、奥さんのSNSも見なくて済んでる。


「将来の約束」


いつ言葉にしてくれるのかはわからないけど、あなたの中では、まず私の住む街に仕事の拠点を作ることが「約束」を果たすための必須事項なのよね。

信じて応援して、楽しみに待っています。


心から愛してる。