25年目の両想いの行方

4年不倫関係にあった独身彼が結婚しW不倫になりました

同じ誕生月

△「◯月の温泉、キャンセルした方がいい?お子さんが産まれる頃じゃない?」


既読になってすぐに彼から電話があった。


▼「ギリギリまで待てる?それとも、前の月か後ろの月に予約変える?」


やっぱり。

彼のお子さんは、私と同じ誕生月に産まれる。


昔、私が独身の頃に付き合っていた人が結婚をして子どもが産まれた日が、私と全く同じ誕生日で、いつも子どもの誕生日には私の事を思い出すと言われたことがある。

そんなの、私から終わらせた人だから私は聞かなくて良いことだったけど、毎年毎年必ず誕生日祝いのメールを送ってくれる元彼にとっては、複雑な気持ちになる日なんだというのはわかる。


△「じゃあとりあえず、予約は、キャンセルするね」


堪えて悟られないように頑張ったものの、泣いているのがわかったんだと思う。


▼「泣かないで」


△「うん、大丈夫」


涙は止まらない。


▼「愛してるんだよ」


△「うん、わかってる。」


これが、彼が言ってた「また、傷つけてしまうかもしれない」の第一弾なのかな。


私、頑張れるかな。


ちょっと自信がないよ。

電話を切って、1時間経ったいまも、涙が止まらない。