25年目の両想いの行方

4年不倫関係にあった独身彼が結婚しW不倫に。5年目に入ってすぐに離れる事を決めました。

夏の記録3

旅行1日目の夜は「萌え(燃え?)」すぎたそうでwww精根尽き果てた彼はけっこう早い時間から爆睡に突入。

私は幸せな余韻に浸りながら、何度も露天風呂に入って渓谷を眺め、彼がくれた言葉や愛情を振り返る。

ベッドに入ると彼がいるのが泣きたくなるほど嬉しくて、起こさないようにほっぺや肩に、何度もそっとキスをした。



朝も、朝食の時間ギリギリまで彼は爆睡。大浴場もすごく素敵だから入った方が良いよ〜と優しく起こしているのに全く起きる気なし。


幸いチェックアウトは遅い宿だっだから、朝食から戻ってもうひと眠りしたい、とまたベッドに横になる彼を、もうこれ以上寝かせてたまるかと今度は私が襲い🍆←わかる方にはわかる(笑)結局チェックアウト15分前まで2回目のラブラブタイム(*´∀`*)www



△「きゃー!時間がないー!」


▼「もー、君のせいですよ。2日連続で、あんな時間からおっぱじめるから(笑)」


△▼「タフ!(笑)」


バタバタ、わいわい、きゃっきゃしながら、ペアルックに着替えて宿を後に。

時間がないのに2人のペアルック姿もしっかり写真に収めました(*´∀`*)



2日目は彼が仕事に戻らなきゃいけなかったからあんまり時間はなかったけど、見たこともないほど美しい滝を見て、山あいの美しい町を訪ねて、車の中ではずっと手を繋いで、信号で止まってはキスをして、すごくすごく幸せだった。


私が車を降りた後は、車が見えなくなるまで、窓から腕を出して手を振り続けてくれた。



幸せな2日間をありがとう。


あなたのこと、心から愛してる。


あの時、終わらせなくてよかった。


ここのお友達のみんなに励ましてもらったおかげです。

本当にありがとう。


実は、みんなに支えられていること、ちょっとだけ彼に話したの。

彼の反応と預かったメッセージは、また次回書きます。